美白ができるオーガニックコスメの選び方

医薬部外品としての認定を受けた美白化粧品と違って、一般のオーガニックコスメは一般の化粧品扱いとなります。
したがって、ラベルに美白の効果・効能を謳うことができないため、オーガニックコスメの美白化粧品は存在しません。

しかし、古来より美白効果があると認められている植物成分が存在しています。ローズ、カモミール、ネロリ、ハトムギなどがそれに当たります。それらの植物成分を、分子量が小さいため真皮に届く精油(エッセンシャルオイル)として含有しているオーガニック化粧品であれば、たとえラベル上美白という効果・効能が書かれていなくても美白効果が期待できます。

また、精油という形態ではなくても、非常に高い浸透性で肌のターンオーバーを促進してくれる成分もあります。

したがって、美白効果があるオーガニックコスメを選ぶためには、

  • 美白効果がある成分(伝統的に用いられている・研究により実証されている)を含有しているか?
  • 真皮に届く精油(エッセンシャルオイル)成分or肌に浸透しやすい成分が含まれているか?

という点をチェックするとよいでしょう。

美白効果があるオーガニックコスメの成分

古来から美白効果が認められている植物成分で、オーガニック化粧品によく用いられるものは以下の通りとなります。

  • ローズ
  • ネロリ
  • カモミール
  • ハトムギ
  • ヘチマ

関連記事

オーガニック化粧品に「美白」化粧品がないのはなぜか?

オーガニック化粧品の美白と一般の美白化粧品の違い