敏感肌向け美白化粧品

敏感肌おすすめの美白効果のある化粧品は、大別すると、医薬部外品にあたる美白化粧品と、医薬部外品ではないけれど美白と同等の効果がある成分を使ったオーガニック化粧品です。

また、敏感肌が悪化して疾患が出ている疾患肌になった場合、特にニキビができているときでも使える敏感肌用美白化粧品や、ニキビ跡・吹き出物の痕の黒ずみやシミを美白することができる化粧品もあります。

美白化粧品

当サイトでは、特に敏感肌向けに開発された美白化粧品を中心に選択しました。このカテゴリーの美白化粧品は医薬部外品に相当し、一定の効果が期待できるとされています。アレルギーテストなどで一定の安全性は保証されています。

●メリット⇒美白効果があると認められた成分を使用している。

●デメリット⇒医薬部外品である以上、効果と引き換えに一定の副作用(刺激性)が存在するリスクはある。体外に排出されにくい石油系合成成分が使用されていることが多く、敏感肌にとっては負担になるおそれがある。

>>>敏感肌向け美白化粧品ランキング

オーガニックコスメ

当サイトでは、オーガニックコスメの中でも、古来から美白効果が高いといわれている成分を使用し、なおかつ分子量が小さく真皮にまで届く精油として配合しているコスメを選びました。

●メリット:肌本来のバリア機能を壊すことなく美白成分が真皮にまで届く。自らシミを排出できる肌づくりができる。花精油が配合されているものは女性ホルモンバランスを整える作用もある。

●デメリット:一部の成分を除いては肌のターンオーバー(28日間)に従って作用が現れてくるため、時間がかかり即効性はない。人によっては特定の植物成分にアレルギー反応が出る場合がある。

>>>オーガニックコスメの美白ランキング

にきびができているときでも使える美白化粧品

通常、ニキビは疾患(尋常性ざ瘡)なので、皮膚科医の治療の対象となるため、通常の化粧品の使用はできなくなることが多いですが、皮膚臨床医学に基づいて開発された、ニキビをケアしながら使える美白化粧品が開発されています。

>>>ニキビができていても使える美白化粧品

にきび痕・吹き出物の痕に使える美白化粧品

にきび痕や吹き出物の跡など、クレーター状になったりでこぼこしている肌に対して、黒ずみやシミを薄くするだけではなく真皮からの再生を促してくれる化粧品があります。

>>>ニキビ跡・吹き出物の跡に使える美白化粧品